文献・医療情報

テレメトリー式心電送信機による潜在性発作性心房細動検出の有用性

最新ニュース :2016年11月4日秋山先生第34回日本神経治療学会総会会長賞受賞 発表論文抄録(J-STAGE)

秋山久尚准教の論文、「テレメトリー式心電送信機による潜在性発作性心房細動検出の有用性」が高い評価を受け、2016年11月4日に鳥取県米子市にて開催された第34回日本神経治療学会総会において総会会長賞を受賞しました。

最新記事

すべて表示

東京医科歯科大学 医学部附属病院 循環器内科 笹野教授、臨床検査技師 濱田様らの論文が Heart and Vesselsに掲載されました! https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34854951/ https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00380-021-01991-z (東京医科歯科大学 笹野教授と当社では、共同研究

国立大学法人 神戸大学(以下 「神戸大学」)と株式会社オプティム(以下「 オプティム」)、株式会社ZAIKEN(以下 「ZAIKEN」)、は、神戸大学医学部附属病院を研究の場として、オプティムが提供する「オンライン診療ポケットドクター」とZAIKEN が提供する「duranta(デュランタ)」を用いた心房細動患者の外来診療における小型心電計の郵送システムを活用した新しい診療形態の安全性と有用性の検